LOG IN

絵を売る

by YUMIMPO*

急遽、浜松の常設展してくれていたところを 撤去することになったーーーー。

その時に、絵のやり場に困りつつ、描いた絵を「売る」意志が固まった

今まで、注文を受けて描かせてもらうことはあっても、自分が勝手に描いた

自分のため? に描いたようなものを売ったことはなかった欲しいと言われることもそんなになかったかもですが

値段がつけれなかった

手放したくなかった

自分の子供という感じだろか 本当に??

だけど 作品数も数え切れないほどあって ずっと飾ってない作品もたくさんあった

それは 絵が残念だ

好きになってくれる人を探して その方に飾ってもらうべきだ

10年目にして やっとこの考えになれた

ダメ元で フェイスブックで声をかけさせてもらったら すぐに声をかけてくれた

いざ売るってなったら よく見たら この2007年頃に描いたこの初期の作品は 若すぎて 勢いだけで 

なんかこりゃいかんと 結果 上から塗り重ねた

勢いのとこはそのままに この絵の荒い感じは残しつつ 綺麗にした

その時に どこの場所も たとえ同じような色のとこでも 必ず何かを混ぜて 微妙に色を変えて塗っていた自分の跡が見えた

この時は絵の描きかたもよくわからず これも なんとも絵画ともイラストとも言えない感じ

だけど この平っぽい幾何学な形の中に 色々な 目で判別しづらいレベルで 色を変えて 奥行き出してる感じが

今の自分の素で それがこの時から変わってないのは 

この時からやってたっていうのが 嬉しかった

だから この絵は 「声」って言います

B2サイズ

納品前に写真を撮るために、(自分のニコンのカメラがこわけてしまってって)カメラを急遽借りに行った

突然の依頼にも快くカメラを貸してくれた新子さん

せっかくだから作品と一緒にと 撮ってくれた

こういうう時に鼻の下伸ばし勝ちな自分じゃが (もっと気の利いた顔できんのかしらね)

嬉しかった

お別れする バイクや 車とのツーショット写真を大事に持ってる人々の気持ちが 初めてわかった

手放したくないなって作品だなって 思った

そういうものを買って頂けて本当に良かった

引き続きゆっくりめとってもらって行こうと思います。

どうぞよろしくです。

OTHER SNAPS