LOG IN

新子さんとデート

by YUMIMPO*

両国駅に集合して 水上バスに乗るっていう すごいいきなデートをした

びっくりなのは 出発20ふん前に起きたこと

でも 人間なんとでもなる

新子さんに会うのは楽しい

明るくなれる

元看護婦さんなのだけど

いろいろ 身体のこととか 食べ物のこととか 教えてもらう

普通 どういう生活をしたらいいのか とかいうのがよくわからず

何を どれくらい食べればいいのか とか

そういったことを  身をもって? 教えてもらう

この日は 七福神めぐり みたいなツアーだったのだけど

我々は 4っつ目くらいで ばっくれた

そして おしゃれなカフェにいった

お茶しとるときに (正確には コーヒーとココアね)

オシャンすぎるガラス張りは ツアーの人たちに丸見えで

コントのように 新子さんが あ やばい って 隠れてて 笑えた


清澄白河

歩いてて おしゃれなケーキやさんがあって

鼻息荒く 買って

そのまま 16時くらいにスーパーへ

ちゃっかり新子さん家に


新子さん家は 都会にあって こちらも オシャンなカフェに負けじと 壮大なガラス張りで

すごく広く 空のかわるいろが見れる

ちょうど ピンクや 水色で そして 夜っぽいのもやってくる感じで

どんどん変わる空を ベラんで出て ヌボーーーーーーっと観てた

たくさん建物が下の方にあったり 高い建物も遠くにあったり

でも 何か静かだった

全然書けてなかった 年賀状を書き出した

ハガキ足りなくって困って  そしたら 新子さん家の余ってたやつをもらった

郵便局行っても もう買えないです 言われてたから 助かった

晩ご飯作る新子さん

何か手伝います 言ったら

とにかく ハガキを書いてしまいな って

裏はどうするの? って聞かれて

新子さんが 私は表 と思ってたとこを 裏って言ってた


絵は水彩かなんかで描きます

一個描いて 印刷すれば? って

そんなことできるんですか!!??

やってもらった

私は 住所書きの道具しかなく 新子さん家の画材借りた

一般家庭にしては 豊富な種類の画材だった

印刷し終え これは 手で描くだったら 間に合わんかったな 思った

お父さん 娘のイブちゃんも帰ってきて みんなで晩ご飯

これは もう 最近 一ヶ月に一回くらいのペースなきがする

多分 いろいろ 勝手が少し お客さん仕様にしてくれてる

そして お父さんは 白タイツ履いてそうな まさに ハンサム 王子様 って感じの

紳士? っぽい人で

イブちゃんは とても話しやすく 面白い子で

この家族はたまらない

何か すごいな と ただただ思う

話が みんな 愉快で 明るい

デザートに 買ってきた ケーキを

みんなバラバラの味で

これもどうぞ ってな具合につつきあって食べた

楽しかった

あ〜 楽しかったあなあ


最後まで読んでくれてありがとう ございます

  新子家の犬 ゆみんぽ より



YUMIMPO*
OTHER SNAPS