LOG IN

大家さんにもらった栗アンパン(マン)越しのMUSICA たでこさんからのメール

by YUMIMPO*

こないだ 悲しいことがあった時 (悲しいことがあった時~)

悲しすぎて、人に聞いてもらいたいものの、泣いてる感じもなんかバカみたいで、惨めで、自分疲れてんのかなって もうヤケで?たでこさんにメールした。

もう、ぶつけ先が、そこしか浮かばなかったのだ。

それは、絵のことではなくって、好きなバンドのことで、そして、そのアルバムの発売を、励みに無心で頑張ってたつもりだったのに、特装版、支払いそびれてたのだ。

バカすぎる自分がやになった。

ちょうど、ラジオで、尾崎さんが、どんなにチケットが完売したって、ライブの観客動員率は100じゃない

数パーセント。10パーセンだったかな? バカがいるんだ的なこといってるの聞いてて、

ただ、なんでなんだろ、やだな ぐらいにそのことを聞いてた自分が浮かび、

そして、すぐさま尾崎さんが、でもきっと、そういうバカな人たちがいるから、世の中は成り立ってる。いいんだろうな。みたいなことを、直ぐにいろんな角度のことを、人の気持ちを想像できた様に、いってたのも、

身をもっって、こう言うことかと、救われる思いだった。

後者の言葉に、私は、ラジオ聞いてた時に、そんなわけないじゃん ぐらいの気持ちで、世界が狭くしか見えてなかったこと、思い知った。

ヤケでメールしたので、たでこを困らせる、たでこさんから 慰めて欲しいって促してるやなやつ とか そんなものよりも もう、 つらたん と 送っていた。

少し冷えてきたら、送った自分が見えてきて、

直ぐ、メール、返信しなくていいよう、謝りのメールも入れといた。

でも、たでこはできた人で、凄く嬉しい言葉で返信くれた。

別に、慰めて欲しかったわけではない とか 抜かしましたが、きっと、たでこさんなら、慰めてくれる って、知ってたんだ自分。

(たでこさんは、漫画家さん入江喜和さん。日々とっても忙しい。旦那さんも漫画家さんで、新井英樹さん。二人とも、人の感情にガシガシくる様な漫画で、ロックな感じで、ただ かっこよく。たでこさんは本来、天井人なのだけど、地上の私にも、周波数合わせて、降臨してくれるのだ。神様。仏様。)

明日は、尾崎さんのめざましテレビだよ*って

最終回だったのに、私は朝ごはん片手に、なぜかよだれたらして、寝落ちしてしまってた。もうやだ。

それも、凄く慰めてもらい、

そして、今月のMUSICA(ムジカ)観ましたか? って広げてくれてもいた。

ちょうど、明日出かけるので、買いにゆこう思ってた。尾崎さんが、ラジオで、クリープが表紙ってことや、歌詞のこととか、いろいろ詰まって楽しそうなことを言ってたからだ。

そしたら、最寄りの大きな本屋に、在庫がなく、問い合わせ先にも無く、あしたになっちゃうけど、電話して観ますが、取引先ででも、在庫がないかもですって、、、、、

次の日、最寄りの他の本屋に行ったら、2軒とも潰れてしまってって、ショックで、新しくネットで見つけたとこですらたどり着けず、そして、隣の駅のまちまで自転車漕いで、本屋を探した。

1軒目にあったものの、残り一冊しかないMUSICAを、買うことができず、もう一軒行き、そこになかったので、戻って、みんなが触りまくったかもしれない、最後のMUSICAを買った。

でも、初めは気になってしまった、角が気持ち丸いな も、買えた嬉しさには どうでもよくなってた。

買えました* って、たでこに報告すると、今回のは本当にゆみんぽちゃんにも読んでもらいたくって みたく 嬉しいことが返ってきて、 お~ ちょと読んでみようかな って 開こうとしたら、買ったはずのMUSICAがないことに、ようやく気づいた

もう、このサー って青くなる感じ、凄く嫌だった

さっきよった、夜の公園に自転車飛ばし、無くて、やることいっぱいあったけど、もう嫌で 悲しくって 寝た。

たでこに、またメールはできなくって、このやりきれない、自分のばかな感じ、

思わず、普段しない、トゥイッター に書き込んでしまった。

((トゥイッターてのは、ツイッターのアメリカかぶれ?な言い方で、

日本の世で、ツイッター流行る前から、十夢さんはTwitter してたもんだから、どうしても、ネイティブ出てしまうのだ*

十夢さん、さすがの、博識高き、通りすがり式の、天才なのだ*

発音も、トゥイッター って、語尾が下がるのだ*

高尚だあ*))

(こういう投稿、私のツイッターフォローしてくれてる人なんて、優しい人ばっかだもんで、反応しようがなかったろうに。ツイッターはいいねボタンしかついとらないのだ。でも、京都ライブハウスnanoのまーこちゃんが、いいね押してくれてて、気にかけてくれて、気持ちわかるよ、どんまい と言ってもらえた気がして、嬉しかった。)

次の日の朝、最寄りスーパの営業時間とともに乗り込み、スーパー入口の守衛さんに事情を話し、すぐさまレジの方へ。

私は、昨日、折れない様に、って、一旦置いたであろうレジ後の机の方にゆき、そわそわしてた。

おっちゃんは、何やら、大学生がよく使ってそうな欲あるノートにひもがついたやつを開いて、それからこれですか?って、黒い本屋さんの四角いテリっとした袋 差し出してくれた。

食い気味で、それです!! わ~ ありがとうございます!!!

すごいにっこりしてくれる守衛の優しい おっちゃんに惚れるとこだった。

今後、清く正しく、品行方正に生きてこ思た。

本当に嬉しかった。

やっとこさ、たでこさんに、返信メールが打てた。

たでこさんからのメールは、いつも たでこさんの漫画の様だ。(たそがれたかこ)

もらった言葉は、いつも思わず、いただけた、ファンの方からのお手紙だったり、メッセージのごとく、とっておく。携帯のメールは、昔のから消えてしまうから保護しておく。

人生の、そして作家としても、、大先輩であることを、思い知らされる。

そして、そんな言葉をもらえて、 そんな言葉を知ることができて、私はひどく、特をしてると思う。

大切な方 を、無駄な悩みをせずに、選べるよになったりするし、自信ももらえる。

そして、そんな言葉を、私も、誰かに、あげれることがある。あの時、こう言ってもらえて、凄く救われた、と、いう経験をさせてもらってるからだ。

このままず~と 友達でいーてーよ~♩だなあ (校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな バイ クリープハイプ アニメ、[亜人]の書き下ろしエンディング曲より)

友達だなんておこがましいけんどね でも クリープ友達だよな だよな そうだよな♫

スーパーから戻ってきたら、久々に大家さん* 返ってきてたもんだから、ちゃっかり頂き物。ごしの、MUSICA。

しかもいただいたのが、栗餡ぱんだったもんだから、縁起がいいな*

最後まで読んでくれて ありがとう

             は、合言葉みたいなもんだなあ  ゆみんぽ より

引き続き、ゆみんぽが原田さん、ぽ組でつくった、大きな鳥かご!のドラマ、[いつかこの雨がやむ日まで]含め、どうぞよろしくお願いいたします*

そして、引き続き、この[ゆみんぽの大きな鳥かご]嫁ぎ先を探してます。 重ねてどうぞよろしくお願いいたします*

その詳細はこちら→

よかったら、どうぞ、覗いてやってください。

OTHER SNAPS