LOG IN

大家さん 布団たたく音

by YUMIMPO*

 ピンポンなった

起きなきゃ 起きなきゃ 次起きるぞ 次こそ起きるぞ

冬のミルク じゃなくって 冬の布団 って 歌もつくってや って 訳のわからん戦いを目をつむってしたとこのピンポン

起きる最終兵器?みたいな感じだった。

寝巻きで もしゃもしゃしたままの頭で出た

こんにちは あら お休みでしたか って 大家さん

あああ すみません って 寝起きで何も返せない。

昨夜も遅かったんですか? って

はい すみません。

大家さん すごいにこにこしながら これ少しばかりですが どうぞ って

ああ いつもすみません ありがとうございます

さら っと お別れしたけど、時計見たら お昼みたいな時間だった。

こんな時間まで 寝てるなんて カスだな と 思いつつ

そして、玄関には 捨て損ねてた 大きな生ゴミ袋。

そして、装飾で作った 長いカーテンも やり場に困って 玄関に突っかい棒足して かけてある。

そして、大家さん側からは、冷蔵庫の裏の部分が、ドアから覗いてる。

お前は一体何やってんだ って 言いたくなっちゃうよな

そして すっごい 臭かったよな やだな 大家さんに 嫌われたくないな。

今日は 作るのも面倒だし、何も食べたくないなあ と思ってたけど、

大家さんからは、レンコンとか、こんにゃく、人参、しいたけなんかがゴロゴロした煮物で、

ファあ!! っと 思い、 そのまま それを食べた。

煮物だけでなく、 みかんや バナナも 入ってた。

手のこった、しかも いろんな野菜を 同時に食べれて 嬉しい。美味しい。

次の日今朝は、いい天気で布団を干してみた。

枕を 落っこちるかもな って 思いながら 干したら 干すや否や 大家さん家の駐車場に落っこちた。

寝ぼけた 寝巻きのまま 取りに行った。

がちゃん ガラガラ っと、駐車場の ジャバラ?の白いのを開けて 大きめのお気に入りの枕 ないし クッション を拾う。

なんか 音がする。 大家さんいるのかな と、なんとなく 庭先を見る。

あんまジロジロ見ても、いかんかな と思い チロチロ くらいにしといたけど ふと 上の方に目をやったら

大家さんが、ベランダから 大きく手を振って、こんにちわ って ニコニコと。

おはようございます! っと、 同時くらいに返してしまったもんだから、大家さん 、おはようございますって、言い直してた。

そして、多分私も、こんにちは、って言い直した。

格好も格好だもんで どうも って会釈して そそくさと戻った。

なんか、ニコニコ、結構 大きく手を振ってくれてたな と、思い返しつつ、クッションを、ポンポン叩きながら戻った。

布団を叩くような 思ったより、いい音が響いて 恥ずかしかったけど、 何度か叩きながら戻った。

部屋に戻ってから、 ああ、昨日の煮物、美味しかったです って言いそびれてた事に気づいてしまった。しまった。

(↑スカートの形がなんかかわいいな って

フリフリ部分をいい感じに配置できたぞ。

履くよりも こっちの方があってた。履くには可愛すぎて枕にしては たまらなくかわゆす。

元スカートだもんで ポッケもついとる。  そこに本とか漫画入れたら、その夢見れるとか ならんかね )

(↑レースのカバーって なんだかテンション上がる。

履けなくなっても、なんか かわいいし と、捨てるに捨てらなかった。

けど、いい感じになった*

部屋に お気に入りのものが増えると、テンション上がるなあ。)

クッション。落ちたのはでかい方。(上の写真の方)

履かなくなったスカートを縫い直したり、ポンポンとかジッパーつけたりして作ったカバーが、なんともお気に入りだ。

売ってるほどのクオリティーじゃないけど、もらって嬉しいくらいの手作り観 出せたんじゃないかな。

物を減らして、物増える感じ たまらん。

最後まで読んでくれてありがとう ございます      

                冬の布団 危険だよ〜 危険すぎるよ〜 ベンジ〜 ゆみんぽより

以下はお知らせだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YUMIMPO*展

「甥っ子の森」

■2018年12月18日(火)~2018年12月28日(金)

*入場無料(ワンオーダー制)

<ゆみんぽ在廊日>期間中毎日おります

<場所>LUCKAND-Gallery Cafe&Bar-Floor Manager

東京都渋谷区神宮前2-24-4-1FTEL : 03-6459-2145

http://place.luckand.jp/exhibition/20181218/

自分の子供でも、他人の子供でもない甥っ子。今までになかったような子供が可愛いと思う感覚、新しいような、でも妹そっくりで、どこか懐かしいような。今の甥っ子の話で、幼馴染のきょうだい、いとこ達との思い出にも重なるよな。そんな気持ちで描く。

[おむかえ保育]という企画も、本日より公募スタートです。入園料(5000円~)かかってしまいますが、よかったらあなたの甥っ子も、ゆみんぽの描く“甥っ子の森”になってみませんか?今今ここに君とあたし“甥っ子の森”で、深呼吸したくなるのは 君のせい個展や、[おむかえ保育]公募の詳細は、YUMIMPO*のホームページのNEWSを、どうぞ覗いてやってください。

YUMIMPO*

HP

www.yumimpo.com

OTHER SNAPS