LOG IN

またぎかな?違ったや、泣きたくなるほど嬉しいぽ組に。

by YUMIMPO*

ピンポンなった

はーいと言ってのぞいたら 東北の人がいた。

開けたら 郵便屋さんだった。 not 北の国から。

もう直ぐ個展。描くのは楽しい。 描きたいものがいっぱいある、かかなきゃいけないものもいっぱいある。

そして、今回は、憧れていた場所、クリープハイプとか、凛として時雨とか、RADWIMPSとかのグッズ手がけたりな、アートワーク集団?ラカンドが、プロデュースしとるギャラリーカフェだ。

私の大好きな、tricotのイッキュウちゃん(今や小藪バンド?ジュニーハイでもおなじみの)が前に個展しとったのだ。

tricotも、イッキュウちゃんのつくる、うたも、歌詞も、絵も、言葉も、声も、存在も、好きなのだ。

そんなとこでの個展ってだけで、嬉しい! ということと、それ以上に、人を呼べすに、せっかくの機会を、台無しにしてしまったらどうしよう。

自分が、好きで描いてるもの、受け入れられなかったらどうしよう。

今回、グッズもつくっていただける。 売れなかったらどうしよう。

いつもと違って、公の場? 一人でなく、こうして、携わってくれる人が増えるというのは、コストやリスクもかかるんだな っていう 今までにない感じの怖さを、 自分は 、描く妨げになるから、考えないようにする。

昔だったら、その、勝手なプレッシャーだけで、手が止まっただろう。

描くことだけ頑張りたい。 でも、観てもらえないならやる意味もない。

広がるチャンスをもらえた場なのに、 蓋を開けたらこんなもんか、と、ラカンドさんに思われてまうのは怖たん。

DM、早めにつくったけど、まだ配り歩けてない。 描くことも、宣伝も、どっちも大事だ。

昔、こういう個展間際の宣伝。 メールを送る、DMに切手貼って出す。辛くって、泣きながらやってた。

送っても、結構な数返ってきたり、そもそもなんだこりゃ って、捨てられてるかもと思うと、惨めだ。

メール送るのは、嫌がらせをしてる気分になる。 絵を描きたいのに、何してんだ って 辛かったのだ。

今日の not 北の国から の速達。 手紙は、愛しのマネージャーからだった。

いつも、舞い戻ってきてしまったりな カオスなゆみんぽ展に、ご記帳してくださった方の住所。10年分。

ぽ組のマネージャー担当のあすかちゃんが 代わりに、まとめて、あとはDMに貼るだけの状態にして送ってくれた。

これは、本当にわけわかんなくなる作業だ。

これでもきっと、昔のお客さんなんて、記帳したことも覚えておらず、捨ててしまうかも、

でも、そんな人が100人いても、まだ描いてるんだな って なんか 笑ってくれる人ひとりいたら 最高だ。

嘘。 100人は辛い。 せめて、、、16人。。。かな。

今まで、地方、個展でお世話になったとこにも送らせてもらう。東京でやるから、関係ないのだけど、こういう時に、お手紙かけるから、その時間は、幸せだ。

このぽログ見てくださってる方の中にも、届く方がいらっしゃるかもですね。

全てに一言づつ添えたいですが、 一言づつ言いながら 住所はります。

甥っ子の森。 引き続きどうぞよろしくです。

ぽ組は、本当に 泣きたくなる程 嬉しい存在。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

最後まで読んでくれてありがとう とか文末に書く煩わしさが大事なの ♫(クリープハイプ、ラブホテル より)

 言葉は 気持ちは クリープハイプみたいだ。 わたしゃ煩わしくなんてないですよい ゆみんぽより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YUMIMPO*展

「甥っ子の森」

自分の子供でも、他人の子供でもない甥っ子。今までになかったような子供が可愛いと思う感覚、新しいような、でも妹そっくりで、どこか懐かしいような。今の甥っ子の話で、幼馴染のきょうだい、いとこ達との思い出にも重なるよな。そんな気持ちで描きます。

今今ここに君とあたし

“甥っ子の森”で、深呼吸したくなるのは 君のせい

#甥っ子の森 にて、ゆみんぽのInstagramやFacebook、Twitterに、甥っ子の森エピソードも徐々に上がってゆきますので、やられている方は、こちらも気にして観てみてください。

<会期>

■2018年12月18日(火)~2018年12月28日(金)

*入場無料(ワンオーダー制)

<ゆみんぽ在廊日>

期間中毎日おります

<場所>

LUCKAND-Gallery Cafe&Bar-

http://place.luckand.jp/

東京都渋谷区神宮前2-24-4-1F

TEL : 03-6459-2145

[おむかえ保育]公募内容

甥っ子(もしくは、甥っ子に相当するかわいい存在の子)または姪っ子、とのエピソードと、写真をいただき、それをゆみんぽが「甥っ子の森」の絵にして飾らせてもらいます。

個展最終日に、それを引き取りにきて頂く、というものです。(こられない場合は郵送または相談。)

募集は本日より個展開催前まで、若干名。

人数多くなりましたら、エピソードを元に、選ばせていただきますので、あらかじめご了承ください。

(1甥っ子につき5000円~です。ゆみんぽが絵に合わせて色を塗った額を欲しい方は別途額代もかかります。)

更に詳しくは、ゆみんぽのホームページをご覧ください。

「甥っ子の森」に あなたの甥っ子も加わってみませんか?

ようこそ甥っ子の森へ

Instagram  https://www.instagram.com/yumimpo/

Facebook  https://www.facebook.com/pogumi/

twitter  https://twitter.com/yumimpo

OTHER SNAPS