LOG IN

社会の窓

by YUMIMPO*

いとこ 舞ちゃんが送ってくれた 我が甥っ子 やまと と ゆうだい

イケメン具合がはみ出てる! 萌えるなあ

昨日気づいてしまったのだが、

自分は今 3畳のスペースで、制作も作業も寝床もまかなってる。

こないだのおばちゃまからのキャンバス研磨して、力尽きて、粉まみれで電気つけっぱで寝てて、電気の神様に謝った。

さすがにご飯食べるときは、いろいろ汚さないように コンロの前だ。

(ちなみに悪いことをするときは、冷蔵庫の前 って、昔、相場が決まってたな*

マノミホと一緒に暮らしてたとき、夜な夜な冷蔵庫の前で泡だてた生クリームやあんことかほおばってたや。

いや 懐かしい。)

こないだ横着して、いろいろどかさず、またいだら、絵の具の水をこぼした。

こないだは、目の保養にって、多肉植物机の上においといたもんで、ひっくり返した。

狭い事を言い訳にしたくなるけど、全ては自分のせいだ。

6畳の部屋の半分んは作品だ。

制作にパッと一息つくときは、ご飯を作ったり家事したり、掃除したり、すごい息抜きで、これも楽しく思える。

食べてるときは、こうして ソーシャルネット何とか を してみたり。

ひとりでいるのは、やりたい事全部できて良い。

今日は、糊を買いに外出た。

車に轢かれそうになったり、人にぶつかりそうになったり、

何かを考えてるときは、 見てるようで、何にも見えてないと、危機を感じてゾッとした。

信号の色も、色でなくて、色が変わった ってとこしか見てなくって こりゃ外でちゃいかんな、ましてや運転とかいかん。

本当、会社勤めの人間でなくってよかった。

世の中の人は、世に出て生活してる、それだけでしゅごい。

制作は、どっかの国の人から見たら、結構孤独なのかもな と思った。

けど、こうして いとこ ないし、妹たちが、ラインのグループで、萌え萌えな写真を、ちょこちょこ送ってくれる。

デスクに娘の写真貼って仕事をするお父さんって、こんな気持ちだろか。

にやける。たまらん。

今回は、そんなたまらんものばかり描ける。

しかも、おむかえ保育もある!! これは人の甥っ子描くのだけど、たまらん!!!

ぎゃ~~~~

引き続きどうぞよろしくです*

最後まで読んでくれてありがとう ございます

 社会の窓ってタイトル聞いた時、チャックのことなぜか忘れて、なんて素敵な言葉なんだって、思ったけか   甥っ子たちは本当 窓だよ 部屋におりながらいろいろ観れる 幸せだやあ ゆみんぽより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YUMIMPO*展

「甥っ子の森」

自分の子供でも、他人の子供でもない甥っ子。今までになかったような子供が可愛いと思う感覚、新しいような、でも妹そっくりで、どこか懐かしいような。今の甥っ子の話で、幼馴染のきょうだい、いとこ達との思い出にも重なるよな。そんな気持ちで描きます。

今今ここに君とあたし

“甥っ子の森”で、深呼吸したくなるのは 君のせい

#甥っ子の森 にて、ゆみんぽのInstagramやFacebook、Twitterに、甥っ子の森エピソードも徐々に上がってゆきますので、やられている方は、こちらも気にして観てください。

<会期>

■2018年12月18日(火)~2018年12月28日(金)

*入場無料(ワンオーダー制)

<ゆみんぽ在廊日>

期間中毎日おります

<場所>

LUCKAND-Gallery Cafe&Bar

http://place.luckand.jp/

東京都渋谷区神宮前2-24-4-1F

TEL : 03-6459-2145

<展示概要>

YAMAHAミュージックの壁画やクリープハイプのグッズデザイン、全国各地での個展ツアーなど精力的に活動する絵描き、YUMIMPO*。そんな彼女が甥っ子の誕生によって自身の感情に影響を与え、そこから創作を行った個展「甥っ子の森」を開催する。この展示では、自身の甥とのエピソードや甥との日常を描き空間を創造することに加え、公募によって集まった甥、姪、いとこなど自分の子どもではない親類の子を描き、そんな子どもたちを展示に迎えに来てもらう「おむかえ保育」という企画も。

by 共創メディア「LUCKAND」

http://place.luckand.jp/exhibition/20181218/

[おむかえ保育]公募内容

甥っ子(もしくは、甥っ子に相当するかわいい存在の子)または姪っ子、とのエピソードと、写真をいただき、それをゆみんぽが「甥っ子の森」の絵にして飾らせてもらいます。

個展最終日に、それを引き取りにきて頂く、というものです。(こられない場合は郵送または相談。)

募集期間は個展開催前まで、若干名。

人数多くなりましたら、エピソードを元に、選ばせていただきますので、あらかじめご了承ください。

(1甥っ子につき5000円~です。ゆみんぽが絵に合わせて色を塗った額を欲しい方は別途額代もかかります。)

A4サイズ1万円(額はプラス3000円)。A5サイズ5000円(額はプラス1800円)

A4サイズに2甥っ子の場合は、1万5000円。

A5サイズ2甥っ子の場合は1万円となります。

応募方法は、ゆみんぽのホームページのcontact (https://yumimpoco.wixsite.com/index/blank-8)から、件名に [おむかえ保育希望] とおかき頂き、ご送信下さい。

その後、返信メールにて、写真、エピソード、頂戴いたします。

「甥っ子の森」に あなたの甥っ子も加わってみませんか?

ようこそ甥っ子の森へ

YUMIMPO*ホームページ

www.yumimpo.com

Instagramhttps://www.instagram.com/yumimpo/

Facebookhttps://www.facebook.com/pogumi/

twitterhttps://twitter.com/yumimpo

ブログ https://yumimpo.goat.me/

OTHER SNAPS