LOG IN

神様 と おもひで

by YUMIMPO*

流れ星をみた時の事、ふと思い出した。

あの時、流れ星が流れたから、思い出す事ができる あの時のこと。

夢 を思った時だった。

伊古部のおばあちゃん家。

中2くらい。

じじばばと、きみこおばあちゃん(ひいおばあちゃん)との4人暮らし。

こっそりひとりで夜。街灯もない田舎すぎる畑の中を、目が慣れてから歩くのは、得意げだった。

だれもいないだろから東京ドームよりも広いところで私は大熱唱だった。

夜の空。

あれが初めてだったかもと思うほど

(今までながれたことなっかったのに

存在は知ってた)

しらなかったら、わかんなかったかな。

あああれが

ほんとに流れた。肉眼でみた。

夢の内容は正確には思い出せずとも 夢を思ったのはたしか。

そして叶うって、流れ星におどろきつつ漠然と思った。

「あれはね神様の紐だよ」

「神様の読んでる本についてる しおりがわりの紐」

「神様は人生っていう本を読んでて、忘れたくないようなところ しおりしておく」

「そうするとよみかえしたり、こころにのこったり、忘れないんだ」

「かみさまは、空の上からあなたの人生を読んでいるんだ」

神様ってだれなの?

「自分のことだよ!」

「あの空の上、すべては 君の中に」

今の自分ならわかる。

その後、どれだけの人に、自分が出会えるか。

描きたいと思って、これじゃダメだとか設計図をかいてた絵を、30歳前には結構そのままに描くこと。

どれだけの聴いた事いたこともなかった音楽に出会えるかってこと。

この時、当たり前に会えてたおばあちゃんやきみこおばあちゃんには 10年もせず会えなくなること。

この時、帰った家は、燃えて無くなってしまうってこと。

この時履いていた靴や、悩み事を忘れてしまうこと。

この時、おじいちゃん おばあちゃん

きみこばあにしてもらってた事、全て愛だ  と今になってわかること

(当時は、なんで自分だけと、ならないようにしようとか、

自分のことしか考えてなくって、当たり前のようにご飯食べたり、文句だったり、もあった。)

ほんとだ。いつの間にか読んでいたのは自分だった。

あの頃の自分の知らないこと。今の自分は、たくさん知ってる。

沢山の嬉しい事が起こる事を知っている。

嫌い 怖い までもを

大事にできそうな予感すらすること。

たくさん他人から、周りのひとから 愛 をもらえる事。

それを、自分も同じ事をしたい と、

人に愛を渡すことに、幸せを感じる事。

歳をとれて、生きてこられて、よかったなあ。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

            最近のマイブームは「神様の事を考えること」のゆみんぽより

                宗教じゃないよ いや ぽ教かな?

#妄想のお風呂

OTHER SNAPS