LOG IN

ぽ組の言葉

by YUMIMPO*

個展をやる

描きたい って想ってるそれを 素直に描く

それをがんばろ って頭のさなか

「個展をやる」 ってのには 他にもいっぱいやることがある

例えば いろんなことの準備とか

いろんなことの手配とか

あと、いろんなことの準備とか さ

とにかく 専門外のことがいっぱいでさ

絵を描きたいのに ってなる

特に文章を考えるのが めっちゃ嫌だ

だって 私がかかなくてもいいような、

というか、私が書けないような 無駄のない説明書をかかんといかんから

誰かに書いて欲しい

ぽ組の子の目を借りる

自分の目の節穴加減。

そして、同じものを見てるのに、私は 全然見えてない ってことに 気づかされる。

(そして 私にもわかるように 色々指摘してくれて、 みなの神力を感ずる瞬間瞬間だ)

昔、国語の授業が わけわかめで 辛かったけど、

ぽ組の子たちとのやりとりは なんだか その頃の授業ですら 楽しく思えるんじゃないか って思える。

そうか そういうことか と、辛い文章作りも、 なんだか 勉強になるな とか それを 楽しいと 思えるようにもなってる

そもそも、私のことにさ 時間を費やしてくれてさ

もうすでに 贅沢な生活なんだ

絵を 絵を ってなって 同時に考えないとは 世の中金だぜ ってとこ!!

これを 忘れちゃいがちだから、 お金にしてくよ!!強い意志をもって!

一人で考えてると、言葉に変えない。変えてても発しない。

だけど、ぽ組に相談する時には 言葉に変えて伝える

そうすると どんどん 指摘してもらって 自分の思考が 整えられてく。

よい方 を、 自分が選びたい方が見えてくる

やりとりしてると、数分前の自分でさえ 幼稚?な気がしてならない。

なんでそんなこともわからないんだ

なんでそんなこともできないんだ

自分で自分のこと呆れてしまう

でも、すごく 進んでる証拠なんだと思う

元がこれだもんでさ

『うながすのを、気がひけているんだったら落ち着くまで待ってからやったほうがいいよね。

行くからには、「50人の似てない似顔絵描くぞ」とか目標立てて望まないと。』

『コロナ予防する為にどうすればいいか考えながら、出来ることはすべてやらないと。』

といってもらった

「いわせてしまった」かな

すごく当たり前のことだ。

わかっているのに 実際行動に反映されてないのは 知らないも同じだ

知ったかぶりは 絶対ダメだ。

自分は、約束を守らないと とか、 人のことを思ってるふりで、自分のことしか考えれてない恥ずかしさにも気づいた。

コロナ。私は人に会わずに引きこもってただけだ。うがい手洗いとかしてさ。

今、個展をする ってなった時に、本当にコロナの対策 ってのを 想えるようになった気がする。

ラジオの中の人たちの言っていた意味が わかってはいたのに 実感に変わってきて、相手のことを、もっと想像や もっと 思いやれる気がしてきた。

今回の個展。

来なくても、来た感じになれるような 配慮。

来なくてもいいかんじ 楽しめる 遠くの人でも楽しめる

そんな感じに してゆこうと思う。

ひとまず 早めに開催日はお伝えしたけど

どんどん内容は 変わるかもだよ。

みんなが 安心して 安全にして そして いつもより楽しい 面白い がある感じがいいな

そして 個展は自分へのご褒美なのだけど(会いたい人にあえるから)(会いに来てもらえるから)

それと同時に、稼ぎどき っていう、CEO YUMIMPO*としての人格を さらにしっかりもつ!!

ちゃんちゃん

今のところの個展の詳細→www.yumimpo.com

最後まで読んでくれて ありがとう ございます

    写真は朝さんぽの様子だよ 

    最近は早起きな ゆみんぽより

       おやすみ なきこえ

OTHER SNAPS