LOG IN

ラジオなはなし

by YUMIMPO*

Tシャツ買いましたよ 届くの楽しみです と、メッセージやコメントくださった方や

どれにしようか迷ってるって気にかけてくださってた方に

お返事したくて

この ぽログを気にかけてくださってる方に。

そうやって、メッセージや、しかもこちらのことまで気にかけてもらったり

普段ひとりでいることが多いだけに、 ひとりじゃないんだな と、おもえて、

優しさが ただただ嬉しくって

どんどん その気持ちを返していけるように 絵を頑張ろう と思いました。

頑張るのは 自分がやりたい事なだけだから、 正確には ますます頑張ることのできる要因を もらってる

「ありがとうございます いつも いつも」が、正しい言い方だと思う。

前のぽログを読んで

せっかく 気にかけて買ってくださった方に

なんだかモヤつくような なんだかイヤだなぁ という想いをさせてしまったんじゃないかな

悲しい気持ちにさせてしまってたら イヤだ と思いました。

先方のかた、

未だ、約束事たちは守られてないままだ。

でも、この事に時間を割くのも、すでに丁寧に伝えてきているし、

もう 絵を描く

待ってくださっているお仕事の絵

自分が描きたい絵

絵を、Tシャツを

欲しい と思ってくれた人の元に ちゃんと作品が届いてくれる。

これは すごい事だ。

これをきっかけに 甥っ子の森 を観たくなるような人が ひとりでもいたら

もう 最高だ

この絵を 何かでみかけてくれた人の心にも 甥っ子の森があったのならば もう 友達だ。

自分でも近々こういったグッズを作りたいって思えた。

『Live house nano の話』

初めてその場所を知ったのは、深夜2時のラジオの中。

ラジオの中の人が、「ライブハウス ナノ」 と言った。

とても小さくて、京都にあって、 お客さんがみんな 自転車とかでくる感じもなんかいい って。

弾き語りをした時に、なんか前の方で、誰か ラーメンすすってる音がする うるさいな って思ったら、

店長のもぐらさんが 泣いてた

とか、

まーこおばちゃんっていう人がいてね これにサイン書いて って言われて、

これ 孫からもらった 大事なキーホルダーなの って。

でも、そんな大事なものに書けませんよ って言ったら。

大事なもんだから書いてもらうんやないの って 言ってもらった とか。

私は、みたこともないその場所に いつかいってみたい と思った。

初めてnanoにライブを見に行った日。

その日はすごい雨と風で、電車がすごく遅れて、すごく遅刻してライブハウスに入った。

受付。すごく緊張してた私に、

すぐさま、「それ クリープハイプのタオルでしょ 私も凄くクリープハイプ好きなんですよ」って

まーこおばちゃん。

そして、遅れすぎての入場の私に、ドリンクチケットをおまけしてくれた。

その日のライブは、ステージ上の人の方が、観客よりも多かったようなかんじだった。

もう直ぐ卒業で、離れ離れになったりするとか言ってた。学生さんたちだった。たしか。

私の背中、 ライブハウスの一番背面から、1番のお客さんのような声がする。

まーこちゃんに もぐらさんだ。

私は、 この ステージ上の人たちが 羨ましくって たまらなかった。

自身の表現を馬鹿にすることなく 全身で楽しんでくれる人がいる

応援してくれる人がいる というこの場所が

ライブハウスnanoって場所が

音楽ってものが 羨ましくって たまらなくって

なんだかショックで      こんな場所を知れて 嬉しくって 涙が止まらなかった。

ライブが終わって、片付けが始まり、

そして、浜松から来た初めましての私に、

私の持ってた作品集を すぐさま 机をヒョイっとくっつけ 座って 丁寧にみてくれたまーこちゃん

まーこちゃんを好きになるまでには 2秒もいらなかったと思う。

まーこちゃんは 奈良から この 京都のライブハウスに通ってる。

自分の様なおばちゃんでも楽しめる様な、トイレも綺麗なライブハウスをつくりたい と、

子育ても仕事も 全力でやりきってから 独学で まーこちゃんがつくったライブハウス。

店長のもぐらさんは、私が全国ツアーをしたい という相談に 公◯食堂 が良いなじゃないかな ってアドバイスくれて

そこでの個展をさせてもらってる時に、みに来てくれて

それで、ボロフェスのことを教えてくれて、そこのステージ装飾を頼んでもらえた。

音楽が好きで 音楽に憧れて活動していた私に、

自分では見つけられなかった

でも 自分でもそれはやりたい というコトを みつけてもらえた。

音楽みたいに って 気持ちだけで、 カタチ がなにか わかってない私に、

それは 嬉しすぎる出来事だった。

最後まで読んでくれてありがとう   ございます

「どびんむし」は、以前、ラジオ好きな私のために、ラジオ風にコメントくれた先輩がいてね、

でも、肝心のラジオネームがなかったもんだから、私がつけてあげた ラジオネームです。

どうぞ、自分のことだと思って 読んだり読まなかったりしてね

    

      死ぬまで一生描いてるよ  

                                       ゆみんぽ より

OTHER SNAPS