LOG IN

『猫そんなに好きじゃない展in福猫堂』

by YUMIMPO*

おもったことを絵にしたとして、嬉しいのは、

お客さんの感想の言葉、言葉が、

自分が、絵に込めたことを、言葉に変換してくれていること、だ。

自分は、感じとっても、言葉にはしてなかったりする。

だからこそ、お客さんが、私の絵を観たときに、言葉にかえてくれるときは、

ああ 、伝わってるんだ。とか、読み取ってもらえて嬉しい、とか、

そういう、繊細な人に、(絵に込めた想いをこんなにも読みとてもらえる人に)、描かせてもらえた、幸せな環境とか。

ただただ、嬉しい経験の中に、今いる。

絵を描いてる、という、行為は同じなのに、

特に、似てない似顔絵描き、は、見た目にバラツキがある。

それは、今日、お客さんの、感想で、さらにわかった。

絵を描く、は同じなのに、できた絵は、ジャンルに別れてく。

でも、自分でも、分けて描いていっていた。

「無意識」だったのが、最近「意識的」、に、変わったのだろう。

ひとりで描いてるだけではわからないところだ。

誰かの目に触れてもらう、というのは、こういう発見が起きてくれる、変化が起こってくれる。

それは、嬉しいことだけとはならないはずだけど、この福猫堂さんでは、「嬉しいこと」、ばかりもらってるんだと思う。

自分の絵のこと、ジャンル分けできるのなら、もっとできることが増えてくだろう。

今、フラストレーション?がすごくある。

描きたいものに、手がついて行ってない感じ。

それと別のところで、コロナ対策のこと。

お客さんに、安心してもらいたい、とか。

八方美人になりたいのに、それはなかなか、うまくいかない。

そんなこんなな中、今日は売り上げが5000円ほど足りなかった。

こういうとき、本当自分はバカだなって凹む。

お釣り多いよって、戻してくれたお客さんもいた。

きっと、どこかで間違えたにしても、売り上げ「足りない」で、ほんとよかった。だな。

(多分ばかだから、どっかで寝ぼけてて、結局は合ってるのだろう。)

自分のアホな感じは嫌だけど、お客さんから多く取ってしまってたらと思うと、もうイヤすぎる。

そんでもって、凄くSNS上で励ましてもらえたりで、お世話になってる方とかの、顔と名前がすぐに一致しない自分。なんで忘れてるの?ってぱって思い出せない自分、きらいだ。

言ったことを、守れない自分もきらいだ。

(ぜんぜん、おきにの直人、 着れてない時があったり、書いたらきりがない。)

絵だけ描いてたい。

「絵のことだけで悩んでたい。」は、渦中の時は、つらたんな時もあるのだけど、

いろんな悩み事が現れるときに、

ただただ、幸せな悩みだな

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

自分の事ばかりで、情けなくなるよ。だもんで、結局は幸せものね

            ゆみんぽんこつより

個展は22日まで。お客さんに、楽しんでねって言ってもらった。うれしい。

YUMIMPO*

https://www.yumimpo.com/

OTHER SNAPS